HOMEendo

根尖病巣

根尖病巣

歯肉の腫脹
<>虫歯で神経が死んだり,神経を取りっぱなしにしたり,根の治療が不十分な場合には根の先に膿みがたまってくる。 通常は慢性的に経過し(噛んだ時に鈍痛を認めたり, 疲れた時 に歯が浮く, あるいは歯肉が腫 れる), 最後に急性転化して著 明な鈍痛と腫脹を認めるように な
第一大臼歯に著明な根尖病巣をみとめる
第一小臼歯に著明な根尖病巣をみとめる

 

根管治療

根管治療とは歯の内側の治療です。歯の一番 内側にある歯髄がおかされると次に根の先、つまり歯槽骨がおかされるようになります。 そのような病気を治すため,内側の象牙質を削り, きれいな象牙質がでるように直線的にスムーズに内壁形成を行い,できた空洞に密に充塞することが根管治療とよばれるものです。 歯科治療のなかで最も頻度が高く,しかも大きな労力を はらわなければできない,そして大変難しいものが根管治療です。
 なぜそれ程難しいのか? それは
1.肉眼で見えないところの治療
2.根管の形態が複雑である
3.まっすぐで単純な根管はない
4.患者の理解が得られにくい
5.今すぐ治療しなくても,すぐに悪くならない
6.体の恒常性ですから 根尖病変がある, ないにかかわらず, 根管治療が不十分な歯, 根管内壁形成や根管空洞充塞が充分に根の先端まで行われていない歯については, 根管治療をやりなおしてやる必要があるでしょう。 なぜなら, その歯には治癒過程で確実性がな, 今良くても明日病気になるかも知れないのです。 ですから歯科医のする根管治療とは, 患者さんへの治療や予後の確実性と, 自分への完璧な安心感のためにやりなおし治療も行うことがあるのです。歯科医は根管治療という医療行為で病気が進行するのを方向転換さ
せること, あとは患者自身が自分の体の恒常性でよくしていくことなのです。

初診時に認めた第二小臼歯、第一大臼歯の根尖病巣、2年後にはほぼ完全に消失

 

感染根管治療の手順

1. 根管内容物の除去
2. 各種リーマー、ファイル、薬剤を使用して根管形成、根管消毒
3. EMR等を使用して根管長の測定
4. ガッターパーチャーよる根管充填
5. レントゲンによる根管充填の確認

 

<各種器具>

左;各種リーマー、ファイル
中;EMR
右;オブチュレーションガッタNT

当医院で根管充填に使用しているオブチュレーションガッタNTは従来のものと比較して純良なガッタパーチャーを多く含み、ワックス、顔料、生ゴム等をほとんど含んでいない。そのため根管壁に密着して長期間にわたり安定する。また、根尖からオーバーしたガッタパーチャーは吸収され、根管内のものは吸収されない。

歯の基本知識

コミュニケーション広場

このページのトップへ