HOMEcaries

う蝕

う蝕の原因

歯質;エナメル質の石灰化の程度
   基本的には先天性
糖分;ショ糖, 果 糖, ブドウ糖
細菌;主にストレプトコッカス
   ミュータンス

第4の要因として, この環境下に
おかれる時間がある。長ければ長い
程, 虫歯になりやすい。
う蝕の進行度
C1 エナメル質に限局 冷たい物がしみる むし歯の部分を削って詰め物をする
C2 象牙質に達するもの 熱い物がしみるようになる 基本的にはC1と同様 進行している場合は神経をとって被せる
C3 神経に達するもの 自発痛を伴い部位が特定できない 神経をとって根の治療を
行いガッタパーチャという
樹脂を根につめ
被せる
C4 残根状態のもの 痛みは強くないが
腫れてくる
急性期には著明な
鈍痛を認める
部位の特定は可能
保存可能なら根の治療を
行い被せる
抜歯になるケースが多い

歯の基本知識

コミュニケーション広場

このページのトップへ